こども・環境委員会

こども・環境委員会 基本方針

次世代環境室 こども・環境委員会 委員長 渡辺 満

近年、こども達を取り囲む社会環境の変化により、成長していく上で必要な能力の低下などがみられます。環境では、諸先輩が構築された河川清掃活動が今では市民を巻き込んだ佐賀県内一斉清掃として展開されています。一般社団法人佐賀青年会議所は、次世代を担うこども達に伸び伸びと成長を育む場を提供し、心と体が相伴った思いやりのある人間に育てること、環境においては誰もが誇れる地域の環境作りに対して意識醸成が必要です。

まずは、佐賀青年会議所が一丸となってこども育成事業に取り組むために、メンバーに現在のこども達のおかれている現状と課題を知って頂き、より関心を持つことで、参加意識の向上を図ります。そして、こども達の豊かな感性を高めるために、一人ではできないことも大人や仲間とコミュニケーションを通して協力し合い学び気づくことで、こどもの成長を促す事業を構築します。さらに、こどもの豊かな感性を継続的に高めていくために、身近な家族が変化している子育て環境をより一層知り活かして頂き、こどもを取りまく環境を把握し知識を学ぶことで、子育に対する意識の醸成を図ります。また、環境においては、誰もが誇れる地域環境へと促すために、諸先輩が繋いでこられた環境事業のバトンを頂き、こどもと大人がコミュニケーションを図ることで、地域全体で環境美化の大切さを理解できる事業の構築を行います。さらに、地域の河川環境美化を維持するために、長年諸先輩が続けてこられた河川清掃を春と秋に実施します。また、メンバーの青年会議所活動に対する意識の向上を図るために、佐賀ブロック大会への参加を促します。

我々の住み暮らすふるさと佐賀の地で、このすばらしい環境を引き継ぎ、こども達が伸び伸びとした感性をはぐくみ、たくさんの夢が生まれていけるように「志操堅固」の心を胸に宿し、1年間の活動・運動を推進してまいります。

事業計画

  1. こども育成事業の企画・運営(7月)
  2. 環境事業の企画・運営(10月)
  3. 厄入厄晴の企画・運営(2月)
  4. 河川清掃の実施(4月・10月)
  5. 例会の企画・運営(6月・9月)
  6. 佐賀ブロック大会参加者への支援(6月)
  7. 会員拡大 拡大目標 全体36名(通年)

(C)SagaJC.All Rights Reserved.